Warning: DOMDocument::loadHTML(): htmlParseEntityRef: expecting ';' in Entity, line: 1 in /home/overfly/public_html/site/themes/wbspress/inc/foundation.php on line 136

ビジネス目的のためのイタリアの使用無人機(UAV)

あなたが、無人機〈仕事のための〉をイタリアに着陸させるために知っている必要があるすべて

 
もしあなたがこのページに到着したならば、それは、あなたが、どのようにイタリアの無人機を使うかを理解しようとしているのを意味している たぶん ベニス、ベロナ、フィレンツェ、ローマ、ナポリなどのアートのその美しい都市のうちの1つ (2、3例を挙げるとだけ)。

あなたが知っているはずの最初の物は、イタリアに、現在 世界の諸国 のため、無人機の使用を調節する規則があることである、そして、無人機のサイズと重量に、飛ぶことのそれをあなたがさせるとあなたがそれを飛ばせる理由であることで依存している限界使用。

それは正しい:仕事(または より一般的 、特別なスペースのスポーツのために飛んでいない誰でも)のために飛ぶ人々が、無人機を使うという具体的なライセンスと認可を得なければならず、航空の厳密な規則に従うのを要求される。

このページにおいて、もし彼がプロフェッショナルなニーズのための無人機〈イタリアの〉を飛ばす必要があるならば、私達は、無イタリアの市民(または会社)がするべきことを説明する。

テレビまたは映画製作、検査、または航空の測定活動のためのリモートパイロット航空機システム(また、呼ばれるSAPR)を使う必要がある誰にでも有益な情報。

誰が仕事のためのイタリアの無人機を使うことができるか?

仕事活動のための無人機の使用は、具体的な認可を得たオペレータに与えられるだけである。

SAPRオペレータ(すなわち、リモートパイロット航空機システム)は、ENAC、イタリア民間航空局のレジスターにリストされる(米国FAAのイタリアの当量)。

「パイロット」と「オペレータ」の違いは何であるか?

無人機の使用におけるイタリアの調節は発展させられる 航空の仕事の世界の約2つの根本的な数値 :オペレータのそれおよびパイロットのそれ。

オペレータは航空会社の当量である:彼は無人機、保証それらの完全な条件の群団を担当し、フライトのために、ケースのすべての責任を仮定してそれらを準備する。あなたが想像できるので、パイロットは、無人機を操縦することを担当する主題である。

それは、どのようにそれが作動するかである:

オペレータ(小さい航空会社)は、彼の所有での認可に基づいて彼自身の無人機を飛ばすために、パイロットを賃借する。
パイロットは、無人機を飛ばす彼の認可に基づいて無人機を飛ばす。

従って、航空の作品はオペレータのためにパイロットにより運び出されうるだけである。

中小企業現実(彼の小さい無人機でフリーランスの写真家について考えなさい)には、オペレータの数値とパイロットのそれが重ね合わせられる。より多くの構造化された企業の現実において、オペレータは、航空の仕事活性を運び出すために、パイロットを体系的に賃借する(全国的な領域にわたってパイロットのネットワークを誇ることができる)。

外国の市民は、イタリアの彼自身の無人機で飛ぶために、パイロットとしてオペレータとしての認可、および認可を得ることができるか?

理論上、はいけれども実用的に、それは非常に非常に複雑である。今までのところ、世界のすべての国家はそれ自身の無人機規則を持っている。これらの規則はお互いに非常に同様であるけれども、国(例えば彼ら自身)であなたが得るライセンスと認可は、他の国に認められていない(として 車の古典的なドライブライセンスを持つケースである )。

これはそれを意味している-2022の時にスケジューリングされた単一のヨーロッパ調節の力への最低の入力まで-イタリアの無人機で飛ぶために、あなたは、イタリアのフライト学校でトレーニングし、それから、認可をイタリアの飛行権限から得る必要がある。

あなたは、少なくとも、数週の間イタリアに滞在し、イタリアの法律によって、無人機で飛ぶのをすべての資格に要求させたくない、イタリアの無人機で航空の活動を実行することは、イタリア人を信頼するために必然的である うなる オペレータ 。

私は、すべての認可なしで無人機を飛ばそうとしたい:iリスクをすること?

制裁は、今までのところ不釣合である。無人機の調節がまだ非常に若いので、規則と刑罰は、従来の空気規則と同じである(ボードのパイロットとのもの 例えば )。

これは、「罰金」の観点から、無人機に関係する違反が、本当の航空機に関係する違反とみなされるのを意味している。航空保険なしで一人で飛ぶことは数万ユーロの罰金を結果として生じるかもしれない。ほとんどのケースにおいて、これらの刑罰は特大であると考えられる。しかし、それは今日状況である。

私は、無人機を、イタリアのオペレータを信頼するために私が持っているイタリアに着陸させると理解している。私はどのようにそれを選ぶか?

第一に、あなたは、あなたのニーズに基づいて飛ぶためにあなたに必要な無人機のタイプを形成する必要がある。

あなたには地方のエリアの些細な航空写真が必要であるか?小さい無人機〈DJIスパークやオウムAnafiなどの〉は十分であるかもしれない。

テレビ製品のための航空のぼやけ?よいDJI引き起こし1はよい選択であるかもしれない。

私達は映画について話しているか?私達は逃走しない。部屋X7を持つ大きいDJI引き起こし2。

もし not より高いクラスリモコン付き航空機 映画撮影機をロードする可能性があるならば。

もし必要が基本的ならば、オペレータ(その規則正しさをチェックしなさい)の選択が、地理の便利さをもっているはずである。これらのオペレータのコストは低いかもしれないけれども、終わって飛ばれるエリアへのオペレータの近接は、引用と引用フェーズにおいて重要である。

私にはアートのイタリアの都市の品質航空写真が必要である。どのように取りかかるか?

このケースでは、オペレータの選択は、動作するように実行される必要がある習慣の成功に必須である。

実のところ、すべての主要なイタリア都市の上におよび特に強い観光客職業を持つそれらには、特別なOKを直ちに得た後にだけコントロールボディにより克服できる無人機のフライトへの禁止がある。イメージ反対物において 2019年2月にベニスでアクティブな禁止令の例 。

より多くの構造化された無人機のオペレータは、プロフィールの純粋な航空で、どのようにこれらの習慣を管理するかを知っている。

厳密な用語において認可プロセスに取り組むことは、ちょうど、どのように優秀な航空ショットをするかを知っているのと同じくらい重要である。

ベニスなどの都市では、アートと文化のこれらの首都の最も呼び起こすポイントでフライト認可を得ることは、最高60日に没頭できる。

Overfly.me srlは、私が無人機で航空の操作を実行することを手助けできるか

はいもちろん。それは私達の仕事である!私達は国にわたって働き、2014から、私達は、主要な私的な、および公的なイタリア会社に選ばれる。

イタリア国テレビ(ライ-ラジオTelevisione Italiana)のために継続的に働く以外、Overfly.meは、品質アンテナショットの実現のための国際的なテレビにより選ばれたオペレータと映画製作である。

どんな種類の無人機Overfly.meが使うか?

私達は、プロフェッショナルな活動において使われうる事実上すべての無人機を持っている。から 範囲引き起こす2と鋳型600のトップのために最も小さい(スパーク、Anafi) 。

Riprese aeree, foto, ispezioni e misurazioni aeree con drone in %country%: i nostri professionisti sono operativi sul tutto il territorio.

機器は、イタリアの航空の無人機ショットを撃つ必要がある人々のためのOverly.meにより入手可能に何にされるか?

 

基本的なニーズのために、私達は多用途の幻影4 PRO v2を提案する:ハイレベルイメージ( 1インチからの最高4Kへのセンサー)、よい範囲、および優秀な価格/サービス比率。幻影4プロv2の大きい有利さは、2番目のカメラオペレータの必要なしでそれがパイロットだけにより容易に使われうることである。

中間的なレベルのために、私達は使用 of を提案し、1 PROを引き起こす:このケースにおいて、カメラオペレータは強く推奨されて(無人機の動的な機能の最も多くをするために)けれども、それは義務的ではない。X5カメラ(マイクロ 4/3センサー )のおかげで、撃つために最も適当なレンズを選ぶことが可能である:実のところ、私達のチームは、無人機にこのカメラと互換のオリュンポスレンズの全体のラインを提供する。パイロットコントローラ(そして、カメラオペレータのそれ)は、ショットの優秀なライブ・パフォーマンスによって4番目の世代Ipadミニにより完成される。。

テレビまたは映画ニーズのために、Overfly.me一座は、RAWと船首の最高5Kに撃つために、DJI引き起こし2を持っている。この無人機のレンタルは、いつも私達のドライバーのうちの1人および私達のカメラオペレータのうちの1人の存在を必要とする。また、この車が入手可能にされることのために 光学の完全なセット フォーカスホイールを持つ1つの標準のコントローラ+1 Cendenceコントローラ、およびライブの流れ 1080iへの上 のためのSDIアウトプット 。

すべて、非常に高い明るさを持つ2つのCrystalSkyモニタを装備される。

厳密な映画のニーズのために、私達のネットワークはDJI鋳型600を持っている。それは必要なカメラ仕様書に従って設定される。

私達は、イタリアにわたって私達の無人機で飛ぶことについてENACから権限を与えられる

2014年 UAVビジネスのイタリア語主要会社 以来

今すぐ米国に連絡しなさい

HOW WE WORK
私達はあなたに知らせる

私達は、いつも、イタリアの無人機の使用に巻き込まれた法律と制限を理解していることが容易であるわけではないと知っている:私達は、 開始からの右 顧客に必要な航空の操作の本当の実現可能性を指摘する、品質仕事のためのそれおよび予測できるコストを組織するために必要なタイミング。

私達は飛ぶ

私達は、安全および正式に計画されて、同感であるような法律に従って、選ばれた日付に、私達の無人機(すなわちSAPR-リモートのパイロット航空機システム)で航空の仕事活性を運び出す。

私達は分担する

空気活動(違った形で同感でない限り)からの3つの就業日内では、私達は、オーダの目的の実際の達成の立証を許すために、予期されるリターン(写真、ビデオ、寸法など)の顧客部分と分担する

あなたはいつも保証である

顧客のポジティブなフィードバックの後にだけ、私達は、サービスに送り状を送ることを続行する。いったんバランスが私達の管理により説明されたら、顧客は、私達のパイロットと無人機により生産されたすべての素材を受け取る。

彼らは米国を選んだ